幸せって一体なんなんでしょうね

毎日毎日、ただ家事と育児に明け暮れていると、私は一体何のために生きているんだろう、何が楽しくて生きてるんだろう、とか、ふと考えてしまう時があります。

無邪気に遊んでいるわが子を見たり、旦那さんと同じ寝相で寝ている息子とか見ているとささやかな幸せは感じますが、でもやっぱり1人の女性として今私は幸せと言えるんだろうか?もっと違った人生もあったんじゃなかろうか?とか考え込むことが最近多くなってきています。

旦那さんに不満はありません。とても優しいし、子煩悩だし、今でも愛情は感じるし私も愛しています。でも、私個人の人生を考えた時にこのままただの奥さん、お母さんとしてだけ生きていく道で良いのだろうか?と考えてしまいます。

きっかけは義父ともめたことからでした。結婚してから家に入りずっと専業主婦として過ごして来ました。家の事は私なりに懸命にやってきたつもりでした。別に褒められたいなどと思ったことはありません。少しでも家族が過ごしやすい家を保てたら、と思ってやってきたつもりです。

でも義父にはそうではありませんでした。たくさんの不満があったようです。持病をきっかけに服薬している薬の影響なのか、様々なことを言われるようになりました。このまま家にこもっていたのでは、私の心が持ちそうにありません。

そんな不平不満を言われるくらいなら、外に働きに出て、自分たちだけで生計を立てられるようになって、早く別居したい、そう旦那さんに伝えました。そこから、色々動き出し、パート先を探し、下の娘の保育園の申請など、ぎりぎりですが、やれることはやろうと思っています。

人生の転機はいつ訪れるか分からないもので、来年から気持ちも新たに輝ける人生を目指して頑張ろうと思います。

久しぶりな東京(巣鴨、上野公園)

先日、久しぶりに上京する機会がありました。

一日目は所用をこなして巣鴨駅前のビジネスホテルに宿泊しました。

翌日、朝はゆっくりと起きてコンビニのサンドイッチで朝食です。

朝食後には早速、巣鴨地蔵通り商店街を散策することにしました。

この商店街へは30年ほど前に訪れた事があるのですが、当時とお店の様子も変わりなく(もちろん、売っている商品は随分と変わりましたが。)大変、懐かしい思いで、歩きます。

散策後にとげぬき地蔵尊もお参りします。ここでは昔と同じように、菩薩像もきちんと洗ってきました。

歩き回ってお腹がすいたので、お昼にすることにしました。巣鴨駅前に焼肉やさんがあったので、焼肉ランチを頼みました。

一人焼肉にビールも飲んでお腹がいっぱいです。その後は上野公園へ移動する事にしました。

上野公園はけっこう頻繁に立ち寄るのですが、今回はやはり30年ほど訪れていなかった、不忍池へ行く事としました。

上野動物園の脇から散策する事とします。久しぶりな不忍池は、蓮が大変大きく成長しており、大変綺麗な花をたくさん咲かせていました。

又、池の対岸の景色も大きく様変わりしており、月日の長さを実感しました。

そのまま不忍池を半周して、上野公園へ戻りました。

けっこうな距離を歩いたので、思わずエビスバーでビールを頂きました。

懐かしさと月日の長さを実感した久しぶりな東京でした。

はじめての仮面ライダーショーに大興奮

数ヶ月前から急に、5歳の息子は戦隊ものにハマり始めました。

どうやら幼稚園のお友達の影響を受けたようです。

先日の日曜日。自宅から2時間ほどの場所にあるショッピングモールの屋上で、息子が大好きな仮面ライダーのショーがあると知りました。息子に話したら、大興奮で行きたい!行きたい!とテンションアップ。

家族で初めての仮面ライダーショーに行きました。

ものすごい人の数に驚きました。小さな子供だけでなく、小学校高学年と思わしき子までいたのは少し意外でした。

開始時間30分前に会場に到着しましたが、既に沢山の人でステージは遥か遠く。ステージ上にいた関係者の方々が5センチ位のサイズで見える距離でした。

しかしその後、運良く真ん中辺りに座ることができ、仮面ライダーショーを10センチ位のサイズで見ることができました(笑)

息子は雑誌の付録についていた紙でできた変身ベルトや面を持って行きました。ステージが始まる前、恥ずかしがることもなく紙のベルトや面を着け、周囲の子供たちから注目されていました。どんな気持ちだったのかしら?

本物のベルトを着けているお子様もいました。とても誇らしげです(笑)その子の周りには、無言でベルトを見つめる見知らぬお子様たちが多数立ち並び、不思議な光景でした。

大興奮の仮面ライダーショーの終わりは、仮面ライダーとの握手会でした。長蛇の列にひたすら並び、かなり待ってやっと順番がきたのですが、立ち止まり禁止で握手というより、手にタッチして終わりでした。沢山の大人が、止まらないで~止まらないで~と子供たちを誘導していたので、やっと順番が回って来たのに息子も含め、ほとんどの子供は仮面ライダーの手しか見ていないという、ちょっと残念な感じでした。

それでも息子は、仮面ライダーに会ったんだ!と、とても嬉しそうでした。

お誕生日には変身ベルトをリクエストされました。まだまだ戦隊熱は冷めないようです。

転職活動日記:ハローワークへ行ってきた

管理栄養士として老人ホームで勤務していましたが、退職し、転職活動を始めました。

最初はネットで「栄養士 求人」なんてワードで検索してヒットしたものをチェックしていっていましたが、勤務地が遠かったり、給料が安かったり、職場の口コミが良くなかったりと、希望するような条件のものはなかなかありません。

私は、今まで自分の中で培ってきた老人ホームでの管理栄養士の知識を、もっと活かしたいし、まだまだ知らないことは吸収したいと思っています。

だからこそ老人ホームでの管理栄養士の求人を探しているのですが、それがなかなかありません。

家でパソコンやスマホで検索するには限界があるし、気になる求人があっても「応募にはハローワークの紹介状が必要」という一文が引っかかる・・

そこで、じゃあハローワークに行ってやろうということで、行ってきました。

正直、ハローワークって、あまり良いイメージではなかったんです。偏見だとわかっていますが、どうしても「職業安定所」、「失業者」という言葉のイメージがありました。でも建物はきれいだし、中もパソコンがたくさん並んでいてたくさんの方が求人検索をされていました。こんなにたくさんの人がここで仕事を探してるんでということに驚きました。若い方やお子様連れの方もいて、けっこう色んな年代の方が利用してるんだなと、少し安心しました。

私も時間がある時は行って、求人検索をこまめにかけていこうと思います。

前の職場よりも良い職場を探すために、もう少し頑張ります!

盲導犬を連れているおばあさんに会った

市役所での用事を済ませて、早めのランチでも食べようと歩いていると大きな犬を連れたおばあさんが道を歩いていました。大きな犬だなあと思ったら、それは盲導犬でした。するとおばあさんは「すみません。バス停はこっちですか?」と声をかけられました。

どうやらいつもと違う道を通ってしまい、わからなくなってしまったようです。私は同じ方向へ行くところだったので、「こっちです。いっしょに行きましょう。」と返事をしました。どうやらそのおばあさんは全く見えないようなのです。

盲導犬に英語で指示を与えながら歩いています。バスに乗って学校へ行ってバリアフリーについて講演活動などをされているそうです。すごいなぁと思いました。おばあさんは片手で盲導犬のハーネスをつかみ、もう片手で犬のリードを持っているので、私の手をつかんでもらうことは出来ませんでしたので、声で誘導をしました。

お礼にとおばあさんのことが載っている雑誌を頂きました。なんと、首里城もめぐったそうです。沖縄は整備されていない歩道も多く、バリアフリーのところももっと増えるといいなと思いました。

つい、犬を触ったり声をかけたりしてしまいますが、盲導犬がハーネスをつけている時は仕事中なので、パートナー以外触ったり、声をかけたりしてはいけないそうです。そのあたりももっと広まると良いなと思いました。

充実した休日

私の趣味はロードバイクに乗ることと、競馬とパチンコです。昨日は仕事が休みだったので朝いつもより早く起きてロードバイクで隣町に行ってその街でとても有名なパン屋さんに行きました。お目当は人気No1のメロンパンでした。

数量限定の為、食べれるかわかりませんでしたがロードバイクを必死に漕いだ結果1番前に並ぶことができて美味しい出来たてのメロンパンを食べることが出来ました。そして昨日は祝日だったけど競馬がやっていて私の大好きな馬が出るレースがあったのでグリンチャンネルで馬券を購入しました。

私は馬単を買っていたけど惜しくも2着、3着で不的中でした。しかし久しぶりに競馬が出来て楽しかったです。競馬で少し負けてしまったので次にパチンコに行きました。大好きな北斗の拳と海物語、ハッピージャグラーをやりましたが当たることなく終了しました。

しかし一緒に行った友達がかなり勝ったので焼肉を奢ってもらいました。大好きなリブロースのステーキとガーリックライスと味がしみたジンギスカンをたくさん食べれて美味しかったです。昨日は大好きな事ばかりできた休日でとても充実していました。遊ぶときは沢山遊んで仕事をまた頑張ろうと思いました。

自分の気持ちに素直に、勇気を出して。

昨日の出来事ですが、やっと!私の恋愛が一歩前に進みましたっ!

出会って4ヵ月、最初はただのお友達として接していましたが、人柄に惹かれ、気づけば好きになってもやもや悩む日々を過ごしてました。

住んでるところがお互い離れてる為、一歩前に踏み込めなかったんです。

でもここ最近、喧嘩することが多くなり、ただ仲良く話したいだけなのに上手くいかない・出来ない自分に悩み泣いてばかりでした。

さらに仲良くなりたい事を伝えたらどうなるんだろう・・・と、関係性が壊れる不安ばかり考えてしまい、同じところをぐるぐるしてました。

昨日も最初はやっぱり上手く話せない・・・と悩みまくっていましたが、もう悩んでるだけは嫌だ!悩みたくない!と覚悟を決めて、

「Skypeでお話したい」って伝えました・・・!

お返事はOKでした!!

たったこれだけだけど、今まで悩んでたところから前にすすめてとても嬉しいです。

心が軽くなりました!

いつも行動するよりも考えてしまう性格なので、自分から誘ったのは物凄く勇気がいったけど、自分の気持ちに素直に行動したほうがいいなと思いました。

これからもっと仲良くなれるように、焦らずゆっくり接していきたいです!

ダメなものはダメだと思うんですが。

昨年あたりからワイドショーを賑わせているものに不倫騒動があります。もうその話題はお腹いっぱいという声はわかる気がしますが、仕事ができればそれくらい良いでしょという意見もあったりして、それは違うんじゃない?と思えてなりません。

おまけに聖人君子を求めすぎなんていう持論も展開したりしているんだけれど、詐欺や詐欺まがいの横領、不倫もしていない人の方が大半で、その人が言う聖人君子って何?と突っ込みたくもなってしまいます。

これだけ不倫が問題になっている中で、公人と言われる方々や有名人が人目も憚らず不倫を続けることが、一般人から見ても危機意識が欠如していると思ってしまうし、そういう立場になれば自分だけは大丈夫という感覚に陥ってしまうのかとも思ったり、それこそ恋は盲目なのか?と思い知らされるようでもあり、これだけ不倫騒動が続くことにある意味驚かされます。

それぞれの家族が納得しているのならそれ以上追及したところで・・・という意見もわかるけれど、お給料が税金である以上、税金で不倫かよという感情も拭うことができない場合もあり、でもそういう人を選んでしまっているのも私たちなのかと思うと無力感しかなく、最低限のルールは守ってよ、としか言えなくなります。

でも、ここまで騒動が連発するとその後の対応を楽しみたくなる下世話な自分もいたりして、結局は軽い自己嫌悪に陥ったりしています(笑)

新しい趣味、川柳コンテスト

私は高校生ぐらいまで、書くことが好きで趣味で小説や詩を書いていました。
実は週に一度、詩やエッセーを書きに行く塾のようなところがあったのですが、そこに小学生から高校の途中まで通っていて、詩や小論文、エッセーなどを書いていました。
今となっては懐かしい思い出です。
大学以降はあまり書く場がない状態になってしまったので、そのときから少しずつ何かを書くことが恋しくなってきました。
社会人になった今もそうです。一時期書くことを目的にブログをやっていましたが、知り合いに見つかってしまったので続ける気がなくなりました。
今はブログも削除済みです。

そこで、この前ネットで色々検索してみたところ、川柳のコンテストが結構色々なところで開催されていることを知りました。
食品会社だったり石鹸会社だったり、色々な企業や組織がそういうコンテストをやっているのですね。
入賞したら賞金があったりその会社の商品をもらえたり、という特典があるみたいです。
まあたくさんの人がそういう目的で応募するでしょうから入賞するのは限りなく難しいとは思いますが。
できれば川柳や俳句だけではなく、もう少し長い現代史のような詩のコンテストがあれば良いのになと思います。
でもとりあえず今回見つけた二つの川柳のコンテストに今から応募してみようと思っています。