久しぶりの一人電車にてのはなし

今日は彼さんがお仕事なので、通院の帰りの電車は久しぶりに1人です。

帰るという連絡を母にすると、わかったよー と帰っては来るのですが、

「高砂着いたよ」と送ると、「どこじゃいそこは」と返ってきました。

わたしもなかなか使わない路線で分からないので、「知らんがな」と思いつつ、東京でないんかな と適当に返しました。

母も割かし抜けているところがあるので、わたわたして連絡よこす割に、後から兄妹からこういうことがこの先あるよ、と言うことをきき、「聞いてないけどどうなっているんだい」と思わずツッコムことが。

今回は激を見に行くということですが、なんの話も聞いておらず、妹から聞いたのでどんな反応をするかなぁと、かえりの電車ではヒマなので聞いてみました。

すると。

「風はそんな強くなかったよ」

と、聞きたいことはどスルーされてしまいました。

ついでに、春一番すごくなかったか聞いたのが間違いだったらしい。

その後しばらくそれとなく聞いたところで遠回しに聞くのは無駄らしいとわかったので、どストレートに聞くと、「劇を見に行くのだ?!」とやっと返ってきました。

わたしがわたしで間が抜けたような人間なので、そいつを生んだ親御さんなのである程度はそうだろうと見ていると、ちょっとガッカリしちゃうのでした。