とても気持ちが良くなってきて良いと思ったら病院で

私は最近ハイテンションで何でもうまく行くなと喜んでいたのですが旦那さんがいつもの私と違うと心配して病院に行こうと言われてしまいました。旦那さんが心配するので病院でみてもらうと「躁鬱」と言われました。

ドーパミンガ出すぎてしまってハイテンションになってしまってひどいと脳が損傷してしまうと言われてしまいました。覚醒状態になるらしくてその状態が続くと危ないらしくて薬を処方されました。

ドーパミンを抑える薬を飲むようになってから興奮状態がおさまって来て今度は落ち込みが激しくなりました。正直こんなにアップダウンがあるとは思ってもみませんでした。

しばらく布団生活でとても苦しかったです。ハイな状態と落ち込みが続いてしまうのが特徴だと先生が言っていたので本当にその通りの状態になってしまって苦しかったです。

旦那さんが物凄く心配してくれて毎日看病をしてくれました。続けて薬を飲む事で症状がおさまっていくのを体で感じました。症状がおさまってきて旦那さんも喜んでくれました。

本当に辛かったですが医者の薬は本当に効くものだなと思いました。今もちゃんと通院して薬を飲んでいます。旦那さんに仕事を休んでもらっていたので仕事に行ってもらえるようになってひと安心しました。

季節とともに移り変わる木々

木々というものは、1年で変化していくものです。木々に限らず、植物全体にそれは言えることでしょうか。それでも、その大きさゆえに注目されやすいのが木々になります。

春になると桜が咲きます。全てが桜の木というわけではありません。しかし、特に市街で植えられているものは桜が多いため、たくさんの木々が桃色に染まったように感じます。

秋になると紅葉です。紅葉というと、もみじやいちょうが有名ですが、それ以外にも色づくものはたくさんあるようです。

桜も紅葉もいずれ散って地に落ちるものですが、そういったものばかりが美しく愛でられるのを見ると不思議な心地がします。

また、桜や紅葉に比べるとあまり取りざたされることはないですが、新緑もまた、素敵なものです。夏が近づくほどに濃くなっていく緑は力強さを感じさせます。

冬には葉が全て落ちてしまいます。葉が落ち、枝だけになった枝に雪が降り積もる。まるで白い、雪の花が咲いたように見えてるのです。桜や紅葉よりも儚さを感じるその花がとても好きです。

木々はすぐ近くにあり、身近なものです。身近なものだからこそ何よりも季節を強く感じるものでもあります。季節問わず、木々の中をぼんやりと歩くのもいいかもしれません。

今日は半休だったので絶対掃除しようと思ってるところ

今日は、ありがたいことに半休をいただいたので、今のうちに部屋を掃除したいなって思っているところです。どうしても家にいる時間がわりと長いくせに全然掃除機をかける習慣がなくて困っています。

もうルンバを買うのがいいのかな〜なんて思うところではあるんですけどね。ひとまずそのためには貯金しないとダメかぁって思っていて、そういう意味ではちゃんとお仕事しないとなって改めて思うところでもあります。

ひとまず、家の中のごちゃごちゃした感じって自分の精神状態にも直結したりするので早急に対処したいなって思うところです。床に物があふれている状況なのでこれを変えたいなって思います。今日のうちに処理したい仕事っていうのもわりとあるので、綺麗におうちを整えることに注力したいな〜と心底思っていたりします。

今日は、夜に前から欲しかったカットソーを買いにいきたいなって思っていて、それの受け取りに間に合うように仕事が終わればって思っているところです。正直なところ、できれば前に肌診断を化粧品会社さんでやってもらったのでその結果も受け取りにいきたいな〜って思っています。電話しなくてはいけないのでそこが面倒かなって思うのですが、今日は気になっていることをすべてやりきりたいなって思っているところです。

とても嬉しくて、驚きました。

凄く嬉しい事が、起きました。なんと三年連続でTHE ALFEEのラジオで、ペンネームを読まれました。始まりは年賀状です。それまではファンクラブへ送っていたのですが、ある時ラジオ番組に年賀状を送ってみようと思い書きました。文房具で購入した和風シールを、貼りつけて投函しました。

目を通してもらえるだけで、良いと思う位の軽い気持ちでした。それから二か月も経ち、投函した事も忘れた頃でした。番組の最後に、葉書やメールをくださった中から、ペンネームを読む時間になりました。「今日は、お葉書が多いですね。」と仰って、ペンネームを読み始めました。先に坂崎さんから読み上げて、その後高見沢さんが2人目に、私のペンネームを読んで頂きました。吃驚しました。

そして一昨年もまた、投函しました。そうしたら今度は、坂崎さんに読まれました。これはまぐれでは無いのかもと思い、最後にまだ桜井さんに読まれていなかったので、また性懲りもなく年賀状をラジオ局に出しました。そして待つこと2月になり、そろそろ年始に着いた葉書やメールが、読まれる頃になりました。

ラジオ録音のアプリも準備しました。そして番組最後の時間になりました。桜井さんの口から、私のペンネームを読んでもらえました。こんなに嬉しい事は無いです。THE ALFEEのメンバーさん、有難うございます。

お弁当生活の勧め。

節約と食事管理の為ランチパスポートを止めて、お弁当を作って食べるようにしました。そのおかげか少しずつ、体重が減り始めました。朝早くから起きるのは辛いですが、楽しいランチの為にせっせと起きて作れるようになりました。スープジャーも買って、とても充実した食事内容になりました。

どうしても外食だと、味付けが濃かったり、ご飯の量が多かったりして困ります。野菜が少ないのも、気になります。揚げ物や炭水化物で誤魔化そうとしています。見た目重視で、昨年からの流行のインスタ映えなお料理ばかりです。矢張り自分で作った方が、栄養バランスの事や、お金の節約にもなって大変良いと思います。

何も全品手作りしろとは言いません。市販のお弁当惣菜を組み合わせて、卵焼きくらいなら自分で焼くといいと思います。今は冷凍食品も充実しています。お惣菜に冷凍野菜を組み合わせたら、十分素敵なお弁当になります。ご飯もただ詰めるだけでなく、ふりかけをかけておにぎりにしたり、鮭フレークをかけたりしてみましょう。

カラフルに仕上げるとインスタ映えしますよ。野菜不足は具沢山の、ごろごろスープでOKです。毎日どこの外食屋さんに行こうか迷っている方には、是非お弁当作ってみましょう。作り置きのメニューでも良いですよ。

夫の両親が家に来ました。

今日は、夫の両親が家に来てくれた。

孫の顔を見に来たらしい。私はちょうど町内会の集まりがあったので、孫を任せた。

おかあさんはいい人だけど、人の話を聞いてないというか、勝手に話出すから、話をしていると疲れる。最初の方は、なぜおかあさんと話すと疲れるのかわからなかったが、そこだな。

会話ってキャッチボールが大事だよね。

あと、被害妄想もひどい。なんか、急に怒り出す。そこは夫にもあって、なんで俺の話きいてないねんみたいな。そこが嫌い。

あと、健康おたくなところも。

胡椒を冷蔵庫に入れろとか。そうしないとダニが沸くんだって。ほんとか。

まあ、それはよい。でも、サプリを飲めっていうのがなあ。薬でも飲み忘れの多い私としては難しいんだよね、もらっても飲むのが。

そういうこともあって、夫もおかあさんが好きではなく、というか、相性が悪い。

ということで、あんまり親子仲よくなくて、家に来ても、あんま夫は相手してくれない。なんで私が対応するねんと思うことあり。

でも、まあ、私としてはいろいろ面倒みてくれるし、料理とか持って来てくれるから、感謝している。

付かず離れずの関係を保ちたい。

あと、義両親の愚痴などを言い合える友達がほしいな。溜め込むと義両親との関係もうまくいかないだろうし。

夫に、夫の両親の愚痴は言いたくないしね。私も、夫から両親の悪口は聞きたくないもんね。

ドキドキします。明日が待ち遠しくて、そしてコワイ

仕事から帰ったら、まずテレビをつけて、タイガース戦をやっているチャンネルを探すのが楽しい季節になりました。ええ、正しい虎キチなので勝ちすぎれば緊張し、負け続ければ安心(文句はいう)し、応援にも熱が入るタイプです。

大きな勝負の時に分が悪くなってくると「きっと私が見ているからに違いない」と、チャンネルを変える普通の阪神ファンだと思います。今はテレビ観戦中です。でも、今日、ドキドキしている理由はタイガースではないんですよね。

今のところ阪神は勝っていますし、シーズンは始まったばかりですからまだまだ大丈夫。それよりも・・・チームに関係なく応援し続けてきた松坂大輔(現:中日ドラゴンズ)が明日のジャイアンツ戦に先発するという情報を得て、それからずーっとドキドキが止まらなくなってしまいました。

勝ち負けはひとまずおいて(勝てばなお良い)、予定したイニングを先発投手として投げきることが重要なのです。そして、今シーズンずっとそれを続けること、それが重要なのです!それ以外は願っていません。今年は勝とうが負けようがとにかく投げ続けられることを証明して欲しいと願っています。

平成の怪物・・・と呼ばれるようになってから長い年月が流れました。誰しも(別に野球選手じゃなくても)10代、20代の頃と比べたら衰えますよ。だからこそ、今シーズンを投げきって、松坂大輔の今後の道を自分自身で見出して欲しい!ドキドキします。明日が待ち遠しくて、コワイです。でも、必ず見届けるつもりです!

お出かけ日和の日曜日

今日は旦那とアート系のイベントに行ってきました♪

ホテルを貸し切ったイベントで、各部屋に作家さんの作品が並べられている、一風変わったイベントです。各部屋には作家さんが常駐されているので、作品の説明もしてくれます。

私はアートのことはよくわからないのですが、旦那は楽しそうに色んな物を買っていました。花なんて買ってこないのに、不思議なかたちの花瓶を買っていたので、今後ひょっこりと花束でも買ってきてくれることをこっそりと願っています・・・!

「君もなにか欲しいものないの?」と言われて、とりあえず現実的に使えそうな豆皿を買ってもらいました。豆皿数枚に、ストーリー仕立てに絵柄が付けられているもので、可愛らしくてハートをわしづかみにされました。あまりの可愛さにきっと女性の方が作られたのだろうと思っていたのですが、なんと男性の方だったので驚きました。しかも、なんなら結構高身長でがっしりした体つきだったで、人は見かけによらないなあと思った次第です。

明日の朝ごはんのときに、買ってもらった豆皿にお漬物でも載せて見ようかと思っているのですが、しかし、随分と可愛らしいものなので、和菓子や小さめのお菓子などを載せたほうがいいのかしらと悩んでいます。

天気もよく平和な休日でした。

ラーメンなら安いヤツ。

育ちが悪いのかもしれないなと思うのです。いや、もうそうとしか思えないのです。

小さい頃からラーメンといえばカップ麺か袋麺。外食で本格的なラーメン屋に行くことなんてほとんどなかったのです。

外食で行くのはファミリーレストランとか、チェーン店のラーメン屋。なので、本格的なラーメン屋の味がわからないのです。

コンビニや、スーパーでちょっといいラーメンってあるじゃないですか?○○の名店監修とか、有名ラーメン店の味を再現したラーメンとか、200円を平気で越えてくるラーメン。

おいしくないんです。なんでなんでしょうか?

その有名店が悪いはずないんです。人気だからお店に並んでいるのですから。

なのにおいしくないんです。

おかしいですよね。今でもおいしいと思うラーメンは200円くらいで5袋買える揚げ麺のラーメンなんです。

なんか味が薄くて、油っぽいあのラーメンが大好きなんです。ちょっといい袋麺だと麺が乾燥麺でなんかラーメンのイメージと違うんです。

どう考えても、自分の舌が安上がりに出来てしまっているのです。

怖いのは、高級な食事を食べさせていただいた時においしくないと感じてしまうとマズイなと。

おいしくないんじゃなくて慣れてないんだと思うのですが、育ちが悪いんだろうなと。こんなこと言ってごめんね、お父さん。