クラウドソーシングと情報の信憑性

“ネットが普及すると共に、クラウドソーシングとかWebライターとか言う新たなビジネスが誕生した。
私のような素人でも手軽に記事を書けるようになった反面、失礼ながら真偽のほどが定かじゃなさそうな胡散臭い情報記事も増えたように思う。

勿論、TVや週刊誌と言った既存のメディアでも正確な情報の担保はいまだに重要課題だし、それゆえに携わる人間は最低でも一応プロかプロの端くれ。
一方Web記事の作者の大半は「初心者歓迎!」でかき集められただけの、ちょっと文章力がある一般人が多いように見受けられる。
そうなると「その情報の出所は?」「真偽の程は?」という疑問と無縁ではいられない。

素人だろうが玄人だろうが情報を発信する立場になる以上情報の正確さと文章のオリジナル性は確保してしかるべきだが、それを理解していない人間の
参加を回避するシステムがないため裏のとれない情報の拡散や他の記事からのコピー&ペースト問題などが後を断たないのだろう。

私はクラウドソーシングを始めたばかりの素人であるし、正確な情報の担保ができるとは言いがたいので簡単な仕事ばかりを選んでいる。
特に無責任に好きなことを書き散らせるブログは大好き。

要するに何が言いたいかって言うと、例え1円でもお金を貰って記事を書く以上は出来る範囲で最低限の情報の裏どりと文章のオリジナル性は
確保しないとダメだよねって言う自分に対する自戒であります。

担当様へ

この記事が未承認になったら私個人のブログに投稿する予定ですので、この記事は破棄してくださいますよう宜しくお願い致します。”

とびだせどうぶつの森での素敵な生活

最近、はまっているゲームがあります。

「とびだせどうぶつの森」という、任天堂3DSのゲームです。

このゲームは、村の村長もしくは村民になって、村に住んでいる動物と一緒に楽しく生活をする、ただそれだけです。

まず、自分の家のインテリアをしてみたりするのですが、自分の部屋を持った気分になります。

部屋に飾る家具は、ゲーム内のお店で買ったり、動物からもらったり・・・

逆に要らなくなった家具を売ったり、動物と物々交換することもできます。

そして、村長になると、村全体をコーディネートすることもできます。

村に公共施設(街灯・灯台・温泉など)を設置したり、カフェや交番を村に建てたりと、自分だけのオリジナルの村を作ることができるのです。

更には、インターネット通信で、他の人の村を見たり、遊びに行けたり。島でほかの人と一緒にプレイすることも可能です。

3DS内の「すれ違い通信」ですれ違ったプレイヤーの部屋も見ることができたりと、楽しさ満載です。

私はこのゲームを通じて、動物達に合うのが毎日楽しみで仕方なくなってしまい、

プレイしない日はありません。

また、出会いもあれば別れもあるのが、このゲームにも存在します。

動物達はやがて引っ越していくのですが、入れ違いで新しい動物が引っ越してきます。

その出会いも楽しいんですよ。

このゲーム1本あれば、かなり時間もつぶせるし、楽しいし、お勧めです。

皆さんもぜひ、やってみてください。