子供たちの食べる量

幼稚園児の頃の息子は、とても偏食だしあまり食べないので背はまあまあ伸びるのに体重は減った時もあっていつも親として不安でした。

ちゃんと大きくなってくれるのかなといつも考えていました。

そのせいで、好き嫌いしたり出したご飯を残すことが多いとついつい私は、怒りっぽくなっていたと思います。

二歳下の下の子もやはり野菜が特に苦手だし、あまりご飯をまともに食べたりしないからやはり不安でした。

まあ家族みんな痩せ型なので、子供たちも元からあまり食べないのかもしれないと思ってひどくなければやり過ごそうと思っていました。

しかし、上の子が小学生になってからというもの、重いランドセルを毎日背負って学校に歩いて通い、毎朝運動場を朝からマラソンさせられて、体育もかなりハードなためか変わってきたのです。

とにかく、嫌いなものでもお腹が空いてるからなのか給食で完食するようになりました。

そして、うちでおやつもたくさん食べるものの、夕飯もしっかり食べてお代わりまでするようになったんです。

当たり前ですが、動く量を増やせば、食べる量も増えて自然と好き嫌いも減るのかもしれません。

これまで、運動あまりしないのも子供たち本人の性質だからとか食べないのも子供の性格だと諦めていたのが情けないです。

食べてくれるって、嬉しいですね。