季節とともに移り変わる木々

木々というものは、1年で変化していくものです。木々に限らず、植物全体にそれは言えることでしょうか。それでも、その大きさゆえに注目されやすいのが木々になります。

春になると桜が咲きます。全てが桜の木というわけではありません。しかし、特に市街で植えられているものは桜が多いため、たくさんの木々が桃色に染まったように感じます。

秋になると紅葉です。紅葉というと、もみじやいちょうが有名ですが、それ以外にも色づくものはたくさんあるようです。

桜も紅葉もいずれ散って地に落ちるものですが、そういったものばかりが美しく愛でられるのを見ると不思議な心地がします。

また、桜や紅葉に比べるとあまり取りざたされることはないですが、新緑もまた、素敵なものです。夏が近づくほどに濃くなっていく緑は力強さを感じさせます。

冬には葉が全て落ちてしまいます。葉が落ち、枝だけになった枝に雪が降り積もる。まるで白い、雪の花が咲いたように見えてるのです。桜や紅葉よりも儚さを感じるその花がとても好きです。

木々はすぐ近くにあり、身近なものです。身近なものだからこそ何よりも季節を強く感じるものでもあります。季節問わず、木々の中をぼんやりと歩くのもいいかもしれません。