朝一の病院

なかなか予約の取れなかった麻疹風疹の予防接種予約がようやく取れたので、子供たちが学校に行った後に病院に向かいました。

8時45分から受付が開始するというその病院に、8時半に到着しました。

けれど、もう既に七人ほどが病院入り口から並んで立って待っているのです。

まさか、もう始まるのを待っている人がいるのかと驚きました。

というのもあまり普段から自分の為に病院なんて行かないからです。

大人になると、市販の薬でなんとかなるものは済ませたいし、それでやり過ごしてしまう方が普通になってるのですよね。

自分の為になんて余程のことがない限りは病院に行く気になれません。

なぜなら、病院を受診するとなるとお金はかかるし時間もかかるし大変だからです。

子供もまだ小さいし、自分の事で時間やお金を費やす気になれません。

けれど、今回は予防接種受けておかないとむしろ時間もお金も無駄にすると思い受けることを決意したのです。

朝一で病院に行ったのに、やはり待ち時間が長くて終わった時には10時を過ぎてしまいました。

病院なんて、朝一で行こうがなんだろうが待つものなんですね。

病院に行くならば、最初から待ち時間にする事を用意して覚悟を決めて行くしかないですね。

とても気持ちが良くなってきて良いと思ったら病院で

私は最近ハイテンションで何でもうまく行くなと喜んでいたのですが旦那さんがいつもの私と違うと心配して病院に行こうと言われてしまいました。旦那さんが心配するので病院でみてもらうと「躁鬱」と言われました。

ドーパミンガ出すぎてしまってハイテンションになってしまってひどいと脳が損傷してしまうと言われてしまいました。覚醒状態になるらしくてその状態が続くと危ないらしくて薬を処方されました。

ドーパミンを抑える薬を飲むようになってから興奮状態がおさまって来て今度は落ち込みが激しくなりました。正直こんなにアップダウンがあるとは思ってもみませんでした。

しばらく布団生活でとても苦しかったです。ハイな状態と落ち込みが続いてしまうのが特徴だと先生が言っていたので本当にその通りの状態になってしまって苦しかったです。

旦那さんが物凄く心配してくれて毎日看病をしてくれました。続けて薬を飲む事で症状がおさまっていくのを体で感じました。症状がおさまってきて旦那さんも喜んでくれました。

本当に辛かったですが医者の薬は本当に効くものだなと思いました。今もちゃんと通院して薬を飲んでいます。旦那さんに仕事を休んでもらっていたので仕事に行ってもらえるようになってひと安心しました。