3年齢しか経っていないパソコンが壊れてしまった。

パソコンは買い換えてからまだ3世代しか経っていない。
それがある日急に壊れてしまった。
ある時に開いたらディスプレイに英語が出てきたのだ。
これは何だと思った。
次いであっちこっちの援助に電話して修理をお願いしたが、結局は製造元に持ち出せと。
なんでもウインドーズ8から10にアップデートしたのが理由だとか。
これは製造元氏の話では、主役のマザーが壊れたのかハードディスクが壊れたのだろうと。
8は8用の部品としているのでおうおうとして10にアップデートをすると不都合が出ることがあるとか。
この間それぞれがやはり同じように壊れたといっていた。

リペアは有料だと。これは年金暮しヤツにとっては厳しい。
以後修理してスタート化されて戻ってきた。
こちらにまろやかを入れて出向くのはノンプロではしんどいのでまたイッツコムの援助に頼んだ。
10太陽ほどたって援助のお客様が2お客様やってきて、アクティベーションを通じてくれた。

これでもうだと思っていた。
但し好みのウェブサイト囲碁を自分でインストールしたらうまくいかない。
最後の保存までは言ったのにアクティベーションディスプレイに目当てが付箋されないのだ。
なのでそのことを言うと再スタート済ませろとのこと。
再起動すると溜まっていたのかインストールするものが189事例あると。
こちらには驚いた。ただし途中で電源を切らないでとの指摘なのでそのまま締め括るのを待っていた。
するとなんと1時間くらいかかってやっとシャット解離できた。
以後設けると囲碁の目当てが出ていた。
これで好みのウェブサイト囲碁に押し込めると思った。

パソコンも順調にいっているときは大分思わないが、いったん壊れると始末が悪いものだ。
今はメールもウェブサイトもその他も順調に動いている。
これで日常の生活に戻れると思った。